TOP > 一般歯科・根管治療

むし歯ってどういうもの?

むし歯は、歯垢に潜む「むし歯菌」が食べカスに含まれる糖分を栄養源として酸を作り、その酸によって歯が溶かされてしまった状態です。そのため、正しいブラッシングで糖分を含む食べカス、口腔内の雑菌や歯垢など、むし歯の原因となるものをしっかりと取り除きましょう。

むし歯のなりたちについて

どうしてむし歯になるのか。それには様々な要因が考えられますが、一般的には「歯質」「むし菌」「糖分」「時間」の4つの条件が重なったときに、むし歯になりやすい傾向があります。

むし菌 口腔内には多くの細菌が存在しますが、なかでも「ミュータンス菌」という菌がむし歯を引き起こす原因菌となります。
歯質 歯質が弱とで、むし歯が出す酸に溶けやすく、むし歯になる可能性が高くなる場合があります。
糖分 むし歯菌は、歯に付着した糖分を栄養源にして繁殖します。その際に出てくる酸が歯を溶かし、むし歯になります。
時間 食後、歯みがきするまでの時間が長いほどむし歯菌が活発になり、むし歯になるリスクは高まります。

「甘い食べ物が好き」「食事してから歯みがきまでの時間が長い」など、上記4つの条件に思い当たる方は要注意です。原因をしっかり理解し、日頃からむし歯リスクを減らすよう心がけましょう。

むし歯の症状について

C1
C1
歯の表面にあるエナメル質が溶かされている状態です。この段階ではまだ痛みはありません。
C2
C2
象牙質の中まで、むし歯が進んだ状態です。冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりすると歯がしみます。象牙質はエナメル質に比べて柔らかいため、この段階になるとむし歯は一気に進行します。
C3
C3
神経にまで、むし歯が進行した状態です。この段階になると、熱い物もしみるようになります。症状がひどい場合は、顎全体が痛くなることもあります。
C4
C4
歯が原型を留めないほど崩れて「根」だけが残っている状態です。一旦痛みは消えますが、しばらくすると再び痛みだします。

重度のむし歯でも治せます~根管治療について~

むし歯が神経まで到達している場合、従来の治療では歯を抜くしかありませんでした。しかし、現在では、重度のむし歯でも抜歯することなく歯を残すことができます。その治療法が「根管治療」です。

根管治療では、歯の根の内部にある「根管」から、むし歯菌に汚染された歯髄などの組織を取り除き、消毒・殺菌後、薬剤を充填して人工歯を被せる処置を行います。治療が不十分だと、再感染によって歯の根に炎症が起きて膿が溜まり、激痛に襲われることがあります。また、根管治療は二度目以降の成功率がかなり低くなるため、高度な医療技術を必要とする治療法です。

当院では、最新の歯科技術で一人ひとりの患者様の症状に応じて、丁寧で高精度な根管治療を行います。「できるだけ歯を抜かずにむし歯を治したい」とお考えの方は、ぜひ西浦和クリニックプラザ歯科にご相談ください。

「むし歯にならない」ために、予防歯科でのケアを始めてみませんか?