TOP > 入れ歯・ブリッジ・インプラント

歯を失ってしまった場合の治療法

むし歯や歯周病、または思わぬ事故で歯を失うことがあります。歯を失ってしまうと、食事はもちろん、発音が不明瞭になり人とのコミュニケーションもうまくできないといった問題が出てくることもあります。西浦和クリニックプラザ歯科では、症状や希望を伺いながら、患者様にぴったりの治療法をご提案します。

インプラント治療について

インプラント治療とは、歯が抜けた部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法のこと。まるで天然歯のような見た目と機能を取り戻せます。

当院では、Zimmer Dental社製、スプラインHAインプラントを使用しています。骨との結合率が高い、安定感のあるインプラントですので、ご安心ください。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット
  • まるで天然歯のような審美性の高さ
  • 顎の骨に固定されるためしっかり咬める
  • 周りの健康な歯を削らなくてすむ
  • 発音が明瞭
デメリット
  • 保険適用外なので高額
  • 治療期間が長期にわたる
  • 抜歯するのと同程度の手術が必要
  • 重度の糖尿病など、全身疾患により治療できないことがある

義歯(入れ歯)治療について

入れ歯には、保険が適用されるものと保険が適用されない自費になる入れ歯があります。保険診療の入れ歯は、すべてレジンでできた入れ歯となり素材を選ぶことはできません。一方、自費診療の入れ歯は、使用素材も自由に選べるため、高い審美性・機能性が期待できます。

保険診療・自費診療の入れ歯の違い
  保険診療 自費診療
メリット
  • 健康保険適用で安価になる
  • 種類が豊富
  • 審美性が高い
  • 床が薄いため、違和感が少ない
デメリット
  • 審美性が低い
  • 床に厚みがあるため、違和感が大きい
  • 自費治療のため費用の負担が大きい

当院では、自費診療をご希望の患者様には、費用や機能の面など合わせて考えてインプラントをおすすめしています。全身の健康状態なども考慮し、総合的に判断して最適な治療法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

取り扱い義歯について

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

固定するための金属バネのない、シリコンを使った入れ歯です。歯ぐきにやさしく、見た目が自然です。初めて部分入れ歯をされる方や、金属アレルギーの方におすすめです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

バネの代わりに磁石の力を利用して固定する入れ歯です。簡単に取り外しでき、お手入れも簡単。バネがないので審美性が高いのも特徴です。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

歯肉にあたる部分を生体用シリコンで覆った入れ歯です。弾力があり、歯ぐきにやさしく、吸着性にも優れています。

BPSデンチャー

BPSデンチャー

歯科技工士が立ち会って、「口腔内の状態」「顎や筋肉の動き」「咬み合わせ」「発音」「表情のバランス」などを確認しながら作る、オーダーメイドの入れ歯です。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取り付け、茶筒のフタと同じような原理で固定します。装着は簡単で、しっかり咬むことができます。

金属床義歯(ゴールド、チタン、コバルトクロム)

金属床義歯(ゴールド、チタン、
コバルトクロム)

床の部分に金属を用いるため、軽量で薄いうえ、とても丈夫で長期間使用可能です。食べ物の熱が伝わりやすく、食事が楽しめます。

ブリッジ治療について

抜けた歯が1~2本程度の状態で、隣り合う歯が健康な場合は、ブリッジによる治療が可能です。欠損歯の両側の歯を削り、それを固定源として連なった人工歯を橋(ブリッジ)を渡すように被せます。保険が適用できるため費用が安くすむことと、治療期間が比較的短いのがメリットです。デメリットとしては、周囲の歯を削らなければならないことが挙げられます。

歯が抜けてしまったら、すぐにご相談ください