TOP > 審美歯科・ホワイトニング

銀歯が取れてしまったら審美歯科へ

術前

術後

銀合金でできた詰め物・被せ物、いわば銀歯が取れてしまったら、そのまま放っておかず審美歯科へご相談ください。当院では、天然歯に近い性質を持つセラミック素材を用いた審美歯科治療を行っています。

【銀歯のリスクについて】

金属アレルギー

金属アレルギー

お口の中の銀歯が金属アレルギーの原因のひとつなっていることをご存じですか? だ液により銀歯から金属の溶け出し、全身に運ばれることで炎症やかゆみなどの症状を引き起こしてしまうことがあるのです。原因不明の炎症やかゆみなどでお悩みの方が、銀歯からセラミックなど金属不使用の素材に変更することで症状が改善した事例もあるほどです。

二次むし歯

二次むし歯

銀色が取れた所、黒くなっていませんか? その黒ずみは、「二次むし歯」かもしれません。むし歯治療後に金属を詰めた場合、歯と金属の間にわずかな隙間ができてしまい、きちんと歯みがきをしていないと食べカスが挟まることで、新たにむし歯を再発してしまうことがあるのです。

当院取り扱いの審美素材について

オールセラミック

二次むし歯

全体がセラミックでできた素材です。見た目はとても美しく、自然な印象を実現します。金属に比べて割れやすいのが難点です。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物専用の素材です。金属使用のため審美性には劣りますが、とても丈夫で奥歯にも使用されます。

ジルコニア

美しい見た目と「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど高い硬度を持つ素材です。オールセラミックにはかなわないものの、メタルボンドよりも審美性が高く、強度があるので奥歯やブリッジにも使用できます。

e-max

二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミック素材です。曲げ強度に優れ、高い耐久性を持つ人工歯を作ることができます。

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックを掛け合わせた素材です。オールセラミックと比べて耐久性は劣りますが、弾性があり、自然な咬み心地で、咬み合う歯を傷めません。

ファイバーコア

グラスファイバーのピンで補強したプラスチック(レジン)の土台です。弾性を持つため歯の根を傷めにくく、負担が少ないため歯質の大部分を失った場合におすすめです。

歯を白くしたいならホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに歯の表面に薬剤を浸透させて、歯の着色・変色を改善します。遺伝や加齢、色の濃い飲食物やタバコのヤニなどで黄ばんだ歯を漂白します。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があり、当院では「ホームホワイトニング」をおすすめしています。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、歯に薬剤を塗った後、特殊な光を照射します。およそ1時間程で施術完了となり、効果が出るのも比較的早いため、急いで歯を白くしたい方におすすめです。ただ、色の後戻りが早いといったデメリットがあります。

ホームホワイトニング

まず、初回ご来院時に歯型を採り、患者様専用のマウスピースを作製します。その後、できあがったマウスピースをキットと一緒にご自宅に持ち帰って施術開始。ホワイトニング剤を入れたマウスピースを毎日2時間程度歯に装着すると、1~2週間ほどで効果を実感できます。じっくりと歯を漂白していくため、色の後戻りが少ないのが特徴です。
※ホワイトニングの本場であるアメリカから最新の薬剤を取り寄せ、今までの薬剤に起こりがちだった知覚過敏を抑えています

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して歯を白くする方法です。?両方の長所を生かせるため、「効果を早く実感したい方」「効果を長く持続させたい方」という二つのご要望を叶えたい方におすすめです。

「むし歯にならない」ために、予防歯科でのケアを始めてみませんか?