TOP > 歯周病治療

歯周病のなりたちについて

歯周病は、原因菌(歯周病菌)に感染することにより、歯の周辺組織(歯肉・歯根膜・顎の骨など)に炎症が起こる病気です。歯周病が怖いのは、かなり悪化するまで自覚症状がないこと。そして、知らず知らずのうちに症状が進行すると、やがて歯を支える顎の骨が溶け、歯が抜け落ちてしまうことです。

歯周病になりやすい人の特徴

歯周病になりやすい人、なりにくい人の差は、細菌に対する免疫力の強さの差でもあります。病原菌に対する免疫力、自己防御機能が弱ければ感染しやすくなるのです。免疫力は遺伝しますので、ご両親の歯が弱い場合は、注意して日頃のケアを行いましょう。

当院では、口内細菌の状態を簡単な検査でお調べすることができます。口腔内の状況を分析することにより、もっとも効果的な治療・予防につなげることも可能です。ご自分の歯周病リスクについて知りたい方は、お気軽にご相談ください。

歯周病の治療法について

プラークコントロール

CMなどでよく耳にする「プラークコントロール」は、口腔内の歯垢(プラーク)を取り除いて菌の増殖を抑え、歯周病改善へとつなげる方法です。正しい歯みがきの仕方、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使用した適切なケア方法の指導を受け、きちんとプラークコントロールしましょう。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、プラークコントロールだけでは改善が難しくなります。「スケーリング」「ルートプレーニング」は、歯みがきでは取り除けない歯石・歯垢を専用器具を使って取り除く処置です。定期的に行うことで、歯周ポケットが深くなるのを防ぎ、歯周病の進行を抑えることができます。

しかし、歯垢は日々歯に付着します。スケーリング・ルートプレーニングをしたからといって安心は禁物です。毎日の歯みがきがもっとも有効な歯周病の治療法だということを忘れないようにしましょう。

「治療が終わったら終了」ではありません!

治療が終わったからといって、安心してはいけません。歯周病は生活習慣病の一種といわれており、毎日のケアが不十分だと、気づかないうちに歯周病が再発してしまうことがあるのです。

適切な歯みがきを毎日行うことが再発防止にもっとも効果的です。しかし、お口の中には歯ブラシが届かない部分がたくさんあるため、家でのケアだけではどうしても不十分になってしまいます。定期検診を上手に利用して、歯周病が再発しないよう予防に努めましょう。治療後のメンテナンスを継続するか否かで、10年後、20年後の自分の口腔内環境が大きく変わります。いつまでも健康な歯を保ち、気持ちよく過ごすために、ぜひ当院の定期検診をご利用ください。

歯周病は予防が大切です。毎日のホームケア・予防の方法はこちら